スキップしてメイン コンテンツに移動

OPEN CLOUD INNOVATION FESTA 2016

9/16(金)と9/17(土)に国立大学法人電気通信大学で開催された「OPEN CLOUD INNOVATION FESTA 2016」に運営で参加させていただきました。
 弊社からは、雪本と石橋がそれぞれ以下の内容で登壇させていただきました。


スピーカ:雪本修一
タイトル:IBM Bluemix openWhiskでslackbot
内容:softlayerを操作するslackbotをサーバレスで実装する方法をご紹介





スピーカ:石橋崇
タイトル:GoLangでノンブロッキングなwebアプリケーションの実現
内容:GoLangでノンブロッキングなwebアプリケーションの実現方法について解説



発表スライドについては順次公開していきます。

発表の様子はYouTubeで公開されていますのでご確認ください。



 今回は懇親会で豪勢なケーキもでて盛り上がりました





ユーザ会の運営委員として、朝の準備から最後の片付けまで二日間やりましたが、さすがに疲れました。


UECプログラミング教室の子どもたち
弊社がスポンサーをしている、「UECプログラミング教室」の子どもたちも自分が作ったプログラムや、教室に参加してどうだったかなどの体験談の発表を行いました。


小学生が中心で、5月からはじめてプログラムにふれあう子どもたちでしたが、成長著しいです。今後定期的に生徒を募集しますのでぜひ学びに来てください。

ボランティアで参加してくださった電気通信大学の学生もよく頑張ってくれました。


最後に運営スタッフみんなで記念撮影


皆様本当に二日間お疲れ様でした。


コメント

このブログの人気の投稿

はじめまして!

はじめまして!
株式会社MNUで新しくブログを始めます。
主に、プログラムに関する技術的なことを中心に社員が持ち回りで書いていきます。
皆様のお役に立てれば幸いです。

どうぞ、これからよろしくお願いします。


ここから下はコードを表示するサンプルです。

int x = foo(); /* This is a comment This is not code Continuation of comment */ int y = bar(); // This is line 4. foo(); bar(); baz(); boo(); far(); faz(); shfor target do WORKDIR=$(mktemp -d "$EXTRACTHOMEDIR"/XXXXXX) case "$target" in *.[Tt][Gg][Zz]|*.[Tt][Aa][Rr].[Gg][Zz]|*.[Tt][Aa][Rr].[Zz]) tar vzxf "$target" -C "$WORKDIR" move_to_currentpath "$WORKDIR" "$target" ;; *.[Tt][Bb][Zz]|*.[Tt][Aa][Rr].[Bb][Zz]2) tar vjxf "$target" -C "$WORKDIR" move_to_currentpath "$WORKDIR" "$target" ;; *.[Gg][Zz]) gzip -d "$target" move_to_currentpath "$WORKDIR" "$target" ;; *.[Zz][Ii][Pp]|*.[JjWw][Aa][Rr]) check_required_program unzip /usr/p…

液晶ディスプレイのパネル構造に関する特許を取得しました

はじめまして、MNUの伊東です。
先日、液晶ディスプレイのパネル構造に関する特許を出願し、無事審査を通りましたのでこれからそれに関する技術的ポイントについて記載して参りたいと思います。

インターン(その5) Slack Bot 作成まとめ2

豊橋技術科学大学の近藤です。

昨日のSlackBotまとめに足りない点があるので、
別にまとめます。

1. API Tokenの取得https://api.slack.com/webから取得するのは、ユーザのTokenでした。
Bot用のトークンを取得する方法は、
Configure Integrations(左チーム名のドロップダウン)
 -> Bots を Add(下の方)
   -> デフォルトの名前を決定する
     -> API Token 
でした。
2. Markdownを使う mrkdwnをTrueにする。
data = { 'text': '``` print(`hoge`) ```', 'mrkdwn': True, 'attachments': [attachment, ], } attachments内では、mrkdwn_inにキーを記述
attachment = { 'fallback': 'fuga', # attachmentsの表示ができない端末用の文字列 'pretext': 'piyo', # attachmentの上にtextと同じように出力 'title': 'タイトル', 'text' : '*hogehoge*',  'fields': [field, ], 'mrkdwn_in': ["pretext", "text", "title", "fields", "fallback"], } mrkdwn_inに記述できるのは5種類。
3. URLの記述 URLを記述する際は '<' , '>' を使うといいらしい。
ただ、使わなくてもリンクを張ってくれる。
ただ、
'text': '[ <http: www.youtube.com|ようつべ> ]', とすると、
[